ミラクルボディー再確認
0
    ちなみに
    ドナルド・フェイゲンのソロアルバム
    01@170718.073921.jpg
    「The Nightfly」
     
    は言わずと知れた名盤ですし、
    519Dch+9yeL._SY400_.jpg
    こういう風にリスペクトしている日本の著名ミュージシャンもいたりしますが、
    「ポップマエストロ」冨田恵一氏が、録音技術の面からマニアックに解説したものが、
    02@170718.073921.jpg
    この本。
     
    大津駅のカプセルホテルのブックカフェで(ウォークマンで同アルバムの曲を聴きながら)読んだ本のなかの1冊ですが、優れたレコード作品を録音技術の面から理解することで、作品自体の理解も深まって、なかなか良い内容でした。
     
    こういう類いの本はわりと好みなので、ちょくちょく読んでますが、じっくり読むにはある程度時間の余裕が必要ですね。
     
     
    ちなみにこのところちょっと色々忙がしくて、
    トレーニング内容としては、
     
    朝練+スポーツクラブ+その他色々
     
    という日々のルーティンは最低限確保しつつも七夕あたり以降は時間が止まっている感じですが、毎週同じような代わり映えのしないメニューなので、公開して参考になるようなものでもないと思われるので、滋賀県選手権前後あたりからは記述省略(多分マラソンシーズン開始まで)です。
     
    ということで非公開です。
     
    ちなみに中距離シーズンでもマラソントレーニングの準備はしはじめてますが、陸上競技(長距離)関連の技術的な分析をしたもののなかで、個人的に気になった比較的最近(といっても数年前)の秀逸な事例は、
    某NHKスペシャルの、
     
    「ミラクルボディー」
     
    です。
     
    「ゲブレシラシエ、マカウ、キプサング」のフォームをハイスピードカメラで撮影して分析したり、血液を分析したりして、その秘密を探ったという贅沢な内容で、録画した内容は永久保存版(ちなみに放送当時チェックしてない長距離関係者はほとんどいないのでは?)で、今でもちょくちょく見てます。
     
    その内容を新書にまとめたものが、これです。
    03@170718.073921.jpg
    これも大津から在来線で帰る途中(まとまった時間ありあり)で改めて再読しましたが、
    副題の「着地がつま先か?かかとか?」
    という単純な話ではなく、特にマカウの「ソフトなつま先接地」には改めて感心しました。
     
    高齢者が低出力で楽に走る為には参考になりますが、接地の技術が高すぎて簡単には真似出来ないですね。
     
    ちなみに、自分的には身長が同じくらいのゲブレシラシエのフォームが好みなのですが、福岡国際マラソン(ちなみに6分台で余裕で勝ってましたが)で生で見たときは、正直
    「これは日本人には無理や(笑)」
    と思いました。
    トレーニング内容については、
    陸マガだったか月陸だったか、どちらかにも書いてありましたが、
     
    標高3000m以上のところで朝練
    昼間〜社長としてのビジネス
    夕方〜トレッドミル+エアロバイク
     
    という組み合わせで、練習環境(基本的に高地)はともかく、日本のビジネスパーソン的にもかなり参考になる内容でした。
     
    ちゃんと仕事しながらトレーニングしている(らしい)ですし、高度に両立している感はありありなので、ビジネスマン的にありがちな、
    「仕事が忙がしくて走れない」
     
    という言い訳は簡単にはしにくいですし、実業団ならもはや練習環境云々については言い訳不能な感があります。
     
     
    ちなみに内容的にはトレッドミルのスピードも異次元ですが、エアロバイクを160回転で回すというのはギアをかなり軽くしてもなかなかそんなに速くは回せない(苦笑)です。
     
    ちなみに165僂凌板垢180僂離好肇薀ぅ匹睛り得ないですから、トレーニングのコンセプトは取り込めてもかなりレベルは下げてからの応用ですね。
     
    しかし、トレーニングのレベルはともかく、狙いと内容についてはかなり参考になりますし、(オレゴンあたりも普通に取り入れている)トレッドミルに加えてエアロバイクも取り入れているところはさすがな感じでした。
     
    ちなみに自分も20年以上前からトレッドミルを使いまくってますが、基本的に夕方以降のトレーニングが前提なら使わない手はないと思います。 
     
    エアロバイクについても、
     
    「故障者のリハビリ用」
     
    くらいに思われがちですが、
    むしろ、
     
    故障予防
     
    さらには
     
    ランニング+アルファ
     
    を狙った攻めのクロストレーニングを狙うなら、
     
    51osbdkjjoL._SY400_.jpg
     
    これは参考になります。
     
    ちょっと自転車トレーニングを課題評価している印象を個人的には持ちますし、ハイレベルな市民ランナーには逆にレベルを上げたアレンジが必要になりますが、距離を伸ばして頭打ちのランナーや(自分みたいに)加齢で壊れやすくなった中年ランナー、あるいは短時間で効率を上げたいビジネスパーソンにはかなり参考になります。 
     
    やはり色々考えて工夫して楽しまないとランニングの面白さは半減すると思います。
    本当に大切なものは目に見えない
    0

      DSC_1032.JPG
      滋賀県選手権出場については、
      「たった2分03秒だけ走る為に皇子山に行くのか?」という感じでしたが、交通費と宿泊費はかなり節約してますし、
      「びわ湖毎日マラソンで2時間30分くらい走るほうが価値があるのか?」

      というと実は自分のなかでは800mのマスターズ日本記録を狙うほうがむしろ価値があったりします。

      他人から理解されるとか、評価されることはそもそも目的ではないし、期待もしてないので、コストのことはともかく、自己満足の世界についてはまぁほっといてほしいですけどね(笑)。

      しかし、さすがに午前中に800m1本走って帰るのは勿体ないので、
      「久々に比叡山延暦寺にでも行くか?」
      とか
      「百人一首の聖地、近江神宮(実は皇子山から至近距離)でも一度行くか?(ちはやふる的には今更感ありあり)」

      とか、ちょっと思いましたが、あまりにも暑くて一瞬でそういう発想は消え失せたので、とりあえずスーパーで買った「チョコモナカジャンボ(ちなみにコンビニより安い93円)」かじりながら浜大津→JR大津駅まで歩いて、前泊したカプセルホテルのブックカフェでlunch&読書。

      大津駅直結のカプセルホテルなので、利便性だけでchoiceして泊まりましたが、ブックカフェ併設で、本のchoiceがなかなかセンスを感じさせるものがあり、せっかくなので、帰りの電車の時間だけ決めて、lunchのご飯をおかわりしたあと、コーヒーを読みながら上記の本をサクッと読みました。

      ちなみにランチもドリンク付きでライスおかわりOKで、930円で本も読めたのでなかなかコストパフォーマンスは良かったです。

      1階のスタバとセットならもっと良かったですけどね。

      図書館で借りて来ると読めずに返す本もかなりありますが、時間決めて読むと集中して読めます。

      ちなみに「夜間飛行」は「星の王子様」著者の「サン=テグジュペリ」 の作品ですが、恥ずかしながら実はまだ読んだことがなかったのでたまたま良い機会でした。


      実際に飛行機乗りだった著者の経験がリアルに反映されてますが、著者自身が飛行中に消息を絶ったという事実を踏まえて読むと感深いものがあります。

      ちなみに実は、
      「みうらじゅん」

      「ない仕事の作り方」
      あたりも読みたかったのですが、ちょっと時間がありませんでした。

      ちなみに建築関係の本や美術関連の本や「藤田嗣治」の画集とか、個人的に興味のある本が色々あったので、びわ湖毎日マラソンの前にでも機会があれば読みたいと思います。

      普段読んでいるビジネス本や陸上関連本と違って、古典的な名作はなかなか日常的には読まないので、こういう偶然はなかなか良い機会だと思います。

      ちなみに、

      「星の王子様」

      も再読してみたいですね。

      8日は800mシーズン第4戦は滋賀県選手権
      0
        金曜は東京出張だったので21時くらいに直行で大津入り。
         
        大津駅直結のカプセルホテルに泊まりましたが、ブックカフェ併設でなかなか快適でした。
        Y395928019.jpg
        ちなみに1階にはスタバもセブンもあるので、大津駅もなかなか利便性が良いです。
         
        ちなみに駅前は他には何もないですが、東京から直行したのでギャップが大きかったです。
         
        人が少ないほうがストレスが少なくて良いですけどね。
         
        ちなみに寝心地も良かったですし、びわ湖ホテルへのシャトルバスもあるので、びわ湖毎日マラソンの宿泊にも使えそうです。
         
        ちなみにびわ湖毎日マラソン以外で皇子山で走るのは実は初めてです。
         
        前回のレースはペースに乗れない感じで2分04秒台で全く話になりませんでしたが、今回は御嶽での高地トレーニングの疲れも抜けて(いたはず)、出張から直行した疲れもない感じで、前回の四日市市よりはましなタイムはでるかな?というところ。
         
        イメージとしては、いつもながら、
         
        余裕を持って59秒で400m通過→61〜63秒でまとめて、
        2分00〜2分02秒
        くらいを目標に出走。
         
        正直、
        「2分02秒台くらいで走れれば上出来」
         
        というところで、予選1組(5組1+3)で出走。
         
        レースのほうは、先頭の57秒にはつけず、
        400mは6番手くらいで60秒で通過。
         
        ちなみに予選通過ラインは2分切りくらいのようでしたが、
         
        入りが60秒でも余裕はなく、なんとか我慢して、タイマーは目視で2分04秒手前くらいで7番目にフィニッシュ。
         
        結局、組7位の
        2分03秒72で、シーズンベストくらいには戻したが、撃沈にはならないものの、スピードの余裕がないせいか?2分にはまだまだ遠い感じです。
         
        これで2分04秒→03秒→04秒→03秒と、一進一退な感じです。
         
        今回で中距離シーズンは終わる予定でしたが、ちょっと有酸素的なメニューをいれて、マラソンの準備も少し始めつつも、2分切りにこだわって8月の中京大まで執念で引っ張ろうかと思います。
        懸案事項(-_-)
        0
          https://service.sugumail.com/takayama/m/m/35.9664846603224360000000/137.5278129623473500000000?icon=natu_22

          いやいやびっくりだわ(@_@)
          知らんかったし…
          24日は800mシーズン第3戦三泗記録会
          0
            24日(土)は接骨院で治療を受けて、午前中ちょっとゆっくりしてから午後から四日市へ出発。

            16時40分くらいにスタートの三泗記録会の800m。

            前2回のレースはスローペースにハマった感があり、2分04秒台と03秒台とで全く話になりませんでしたが、今回も出張やらなんやらでポイント練習&繋ぎメニューが思惑通りは出来ておらず、今の状態を最大限に上手くやりくりして、どこまでタイムを出せるか?という感じで、

            イメージとしては、

            59秒で400m通過で→61〜63秒でまとめて、
            2分00〜2分02秒
            くらいを目標に出走。

            あわよくば2分切りという状態ではなく現実的には、

            「2分02秒台くらいで走れれば上出来」

            というところでスタート。

            レースのほうは、スタート後はちょっとおいてかれそうになりながらなんとか最後尾で、
            200mは28秒
            400mは59秒

            で、ちょっと余裕がないなかで通過。

            ちなみに出走は5人で、全員2分切りは確実(推定)なメンバーだったのですが、やはり前4人はそのままペースが落ちない感じで、自分はちょっとペースダウンして離されながら、

            600mは1分31秒
            で通過。

            この時点でかなり一杯一杯で、2分05秒くらいは覚悟しましたが、

            ひとつ前の選手も厳しそうな感じだったので、気持ち的には追っかけて、アナウンスのカウントダウンを聞きながらフィニッシュ。

            結局、組5位(最下位)の
            2分04秒54で、シーズンベストからは約1秒後退。

            今シーズン初めて60秒切りのラップで前半を走りましたが、今の実力的には結果的にはちょっとオーバーペースだったということかと思います。

            次のレースまでは中2週間ですが、まずは昨年同様に2分02秒くらいには戻して、あくまで2分切りにこだわるなら、最悪8月の中京大まで執念で引っ張ることも検討しなければならないかもしれません。
            17日は800mシーズン第2戦中京大→認知動作型マシン
            0

              17日(土)は朝長男をクルマでトレーニング先に送ってから地下鉄→スクールバスで13時40分スタートの中京大の800m。

              前回はスローペースにハマった感があり、2分04秒台で全く話になりませんでしたが(苦笑)、今回も想定外の出張でポイント練習&繋ぎメニューが予定通り出来ておらず、かといって逃げるのも嫌なので、とりあえず(悪いなりにも)現状確認かな?という感じで出走。

              イメージとしては、先月のシーズン初戦と同様に、

              59秒→61〜63秒で400m通過で
              2分00〜2分02秒
              くらいを目標に出走。

              あわよくば2分切りという状態ではなかったものの、次に繋げるレースにはしたいところでした。


              レースのほうは、スタート後はちょっとスローな感じだったので、ラップ60秒切りにはちょっと遅いか?5番手くらいで400mの通過は60秒(^_^;)。

              先頭がペースアップするなかで、なんとか粘ればネガティブスプリットは無理でも、

              「2分01,2秒は可能かも?」

              と考えつつ走りましたが、大学生達のペースアップについて行けず、バックストレートでジリジリ先頭から離されて、ラスト200mからはかなり失速。

              結局、組5位の2分03秒77で、1秒弱シーズンベストは更新したものの、突っ込んでないのに終盤失速するというかなり不本意なレースでした。

              タイム的には高校1年のベストくらいですが、今の長男のシーズンベストにも届かないので(苦笑)正直ちょっと情けないですね。

              今回は仕事の関係で入れておきたかった水曜日のスピード練習が出来ず、状態も上手く仕上げられてないなかでしたから、まぁしょうがないかな?というところもありますが、今週末もレースを入れてますし、ここらへんはまぁ想定内ではあるので、ちょっと叩いてあと3週間くらいで2分切りまでの状態に仕上げたいと思います。

              中京大後はとりあえずホームのスポーツクラブに寄って、リクライニングバイクで100回転156wくらいでサクッと30分。

              バイクトレーニングのあとは、プールウォーク10分&ジャグジー&サウナ&水風呂交代浴。

              夕方から岡崎まで走って認知動作型マシンで動き作り。
              動き的にはちょっとバランスが崩れていたので、長男にもかなりダメ出しされましたが(苦笑)そこらへんは修正しつつ、上手く仕上げてまずは昨年同様に2分02秒くらいには戻して7月に2分までというもっていきたいですね。

              しまだ大井川エントリー
              0
                 
                既に中距離シーズン真っ盛りですが、6月1日からエントリーが始まったので、恒例のしまだ大井川にエントリーしました。
                例年10月末にキロ3分半のペース走がてら出場してますが、
                過去3年は、
                2014年   33km棄権
                2015年   33km棄権
                2016年  2時間31分台(40歳代1位)
                という感じで、
                「公認コースで脚がつったりしてもしヤバければフィニッシュ地点近くの33kmでリスク回避出来る」
                というところがメリットですし、
                「レース感覚で距離走が出来て(公認レースではないが)1歳刻みランキング対象大会」
                ですので、練習がてらでも目標設定通りに完走すれば、ランキング入りに向けては保険的なタイムを確保できます(ちなみに昨年は結果的にしまだのタイムでランキング1位確保)。
                また、日帰りで行けるし、(同時期の大阪とか)都市型マラソンみたいに長時間並ばなくても良いので、マラソン練習の仕上がり具合を確認するにはなかなか良い大会です。
                個人的には所謂
                「完走の美学」
                的なものには興味がないですし(といっても途中棄権はあまり気持ちの良いものではないけど)、年代別優勝とか1歳刻みランキングとかは結果的に獲れたらラッキーですが(笑)、あくまで狙いのレースに向けての位置付けであることを忘れないようにしたいところです。
                ちなみに以前はキロ3分30秒のペース走で余裕で2時間27分台とかで走れてましたが、昨年も30km以降は脚が止まってしまいましたし、ここ数年はちょっと上手く走れてないです(^_^;)。
                それくらいのタイムで狙いを外さないように走りたいのですが、
                「走りたいタイム」
                「走れるタイム」
                そもそも違う(同じなら理想的ですがde_02_1022.gif)
                そこらへんのところは本命レースにおいても無謀なペースで突っ込むことがないよう、現実を受け入れてきっちり走らないといけませんね。
                日曜日はエンペラー駅伝優勝
                0
                  DSC_1031.JPG
                  3日(土)の県選名古屋支部予選1500m翌日でしたが、支部予選の800m出走(と800m出場の子供達の応援)は回避してエンペラー駅伝の中部予選会に参加。

                  「全国の予選会を勝ち抜いたチームが10月1日の全国大会でクラブチーム日本一を競う」

                  ということで、今回はチームの40歳以上(っていうか一部は50歳前(笑))のメンバーで、

                  チャレンジの部(40歳以上男子もしくは18歳以上の女子)

                  に出場しました。

                  各部2位以上で全国大会のところ、出場チームは2チームで、すでに予選通過確定(笑)。

                  ちなみに愛知県では各地の県選手権予選が実施中で、トラックレースが各地でかなり盛り上がっている時期なので、県下のトップレベルの市民ランナーはなかなか集まりにくい状況だったように思います。

                  ちなみに全国大会は出場確定とはいえ、チーム名の由来の緑地公園でバリバリホーム状態の開催でもあり、あわよくばレギュラーの部のチームのタイムも上回りたいところでした。

                  が、流石にそこまでは無理で、全体で2位(カテゴリーでは1位)を確保。

                  ちなみに2ウエーブに別れて相手チームとの勝負になりましたが、1ウエーブは自分が16分09秒でトップで、2ウエーブはマサオさんが15分40秒台でトップで、チーム5人トータルで1時間22分台で、1人16分30秒平均くらいで、平均年齢45歳くらいにしてはまずまずの結果

                  個人的には中距離モード全開とまではきてませんが、5000mに対応するメニューはやってないので、2周回で5kmのコースを
                  7分52秒
                  8分07秒
                  とやや失速気味になって、16分も切れませんでした。

                  ちょっと風もあって、最初から単独走でもあり、15分台は厳しかったと思いますが、ペース走的にはなかなか良い負荷がかかったと思います。

                  ちなみに全国大会(10/1)の頃には、走り込み完了→マラソンモードに入り、5000mは15分台前半にはなっているはず?ですし、メンバーのアベレージも上がっていると思うので、

                  「アベレージ15分台で全国優勝 」

                  を目指したいと思います。

                  エンペラー駅伝後は夕方になってからホームのスポーツクラブで追加のバイクトレーニング。

                  157w平均で100回転30分。

                  プールウォーク10分&ジャグジー&サウナ&水風呂交代浴でリカバリー。

                  ちょっと疲労感は残りましたが、次の800mのレースは外さないように仕上げたいと思います。
                  シーズン8戦目は県選支部予選1500m
                  0

                    3日(土)は県選名古屋支部予選1500m。

                    午後からのスタートだったので、朝イチでホームのスポーツクラブでプールウォークでちょっと動きをチェックしてから、サウナ&水風呂交代浴でシャキッと目覚まししてから出発。

                    長女も長男も出走でしたが、生憎の風吹きまくり(~_~)

                    15時スタートだったので、それまでに風止まないかな?と思ってましたが、全然おさまらず(苦笑)

                    アップの時点でちょっと身体が重くてイマイチ左右のバランスも良くない感じだったので目標は4分10〜15秒に下方修正してスタート。

                    いつもながらスタートダッシュはできず、最後尾付近からの順位アップを図ったものの、ラスト1周時点で3分10秒くらいで万事休す。

                    ラストの400mは65秒くらいでカバーするつもりがバックストレートで強風に煽られてペースアップ出来ず。

                    結局、

                    4分18秒06(全体39位苦笑)

                    中学生みたいなタイムでガックシでしたが、同じ組の中学生に10秒近く離されて更にガックシ(苦笑)

                    やはり全中標準くらいで走らないと中学生相手でも勝負にならないですね(苦笑)

                    ハイレベルな高校生(シード選手含む)+大学生がジャンジャン参加してくる名古屋支部では、例年4分2,3秒が8位の県選出場権獲得のボーダーですが、今年は4分9秒台でも通過(8位)してましたから、(ちなみに某中学生が10秒切りで9位)ちょっと荒れた感じですし、4分10秒切ればおっさんにもチャンスがあったかな?とちょこっと思わなくもないですね。

                    自分のM45マスターズ県記録も更新出来ず、かなり不本意なので、今年は打ち止めにするつもりだった1500mもあと1回どこかで狙いたいと思います。

                    まぁシード選手が6人も走っていたので、トップの高校生はあの風の中でも余裕の3分台だったし、実際の順位はもっと下の方になるので、シード選手以外で何位なのか?ちょっとわかりにくいですね。
                    実際、自分も800mで9番で落選したことがあります(苦笑)し、静岡県在住の時も静岡県選手権800mでも9位で東海選手権を逃したことがありますし、まぁ長年やっているということもありますが、インターハイ(800m)をあと2人で逃して以来、
                    「あと少し」
                    で上のステージを逃したことはちょいちょいありますね(苦笑)。

                    そこらへんの経験があるので、「1歳刻みランキング」の順位にもちょっとこだわりがありますし(笑)、逆にもう出ないと思っていた5000m14分台も40歳過ぎてから出せたりしましたから、棚ぼたでも何でもチャンスが来たらものに出来るように常に準備を怠らないようにしないといけませんね。

                     

                    レース後はダウンして即撤収し、ホームのスポーツクラブで反省バイクトレーニング&リカバリー。

                     

                    「池上彰のニュース解説」観ながらリクライニングバイクを158w100回転で30分。バックスクリーン回しながら、天気予報や平均について勉強になりました(笑)。

                     

                    バイクトレーニングの後はストレッチエリアでストレッチ→プールウォーク10分&ジャグジー&サウナ&水風呂交代浴でリカバリー。

                     

                    ちなみに日曜日はエンペラー駅伝中部予選会なので、緑地公園のトラックで5000mのペース走?です。

                     

                    28日は午前チームの駅伝&夕方リクライニングバイク30分
                    0
                      午前中はいつもの緑地公園でチームの駅伝。

                      2.3kmの周回コースで7分01秒。

                      タスキリレーでまさかの取り損ねでちょっとロスしましたけど、もらうほう(自分(笑))が拾いに行ってしまったので、公式レースだと判定がビミョーだったように思います(苦笑)。

                      午後から長男のレースを観に行ってからホームのスポーツクラブでクロストレーニング。

                      ちなみに中学生のレースをみながら、風が強いなかでのレースパターンを研究したりしてました。

                      自分も1500m3分台〜4分ちょいで走れていた33〜41歳の頃はタイム狙いの時はが風とか関係なく、ガンガン先頭を引っ張って走ってたりしましたが、最近はスタートで出遅れることも多く、ついつい消極的なレースが多いですし、もう少し積極的なレース運びをしないといけないなと思います。

                      ちなみに5000mだと、いまでも狙いのタイムのペースにならないと、自分で先頭を引いたりすることもありますが、最近の中・高生はあまり先頭を引きたがらないように見えます。
                      学校別にも傾向があるようにも思いますが、特に記録会ならもっとガンガン攻めるように指導されても良いように思います。

                      夕方にはホームのスポーツクラブで軽くリクライニングバイクでトレーニング。

                      157w100回転くらいで30分で終了。


                      バイクトレーニング後はプールウォーク10分&ジャグジー&サウナ&水風呂交代浴でリカバリー。

                      今週末も1500mのレースが入ってますが、
                      なんとか4分05〜10秒くらいで走りたいものです。
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      PR
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      COMMENT
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.