2日の夜から御嶽入り
0
    DSC_1020.JPG
    長男と市内の中学生を連れて17時くらい発で20時くらいに御嶽到着。

    今年はたまたま自分が連続で休みがとれたので、学校が終わってからすぐに出発できる子達を先行して連れていきました。

    現地で少し軽めに運動してから前泊すると順化も楽ですし、翌日の朝練から始動できるので効率が良いですから、ここら辺は自分自身とうちの子供達の経験値とノウハウを生かせればと思ってます。

    ということでエアロバイクを20分くらい回してから風呂に入って就寝。

    自分としては、高地環境でで負荷をかけるというよりは、トレーニングに集中出来る環境を求めて15年前くらいから夏休みやGWや秋の連休になるとここに来てますが、時々うちの子ども達を旅行がてら連れて来るようになり、昨年の夏からは市内の中学生を中心に10〜20人くらい集まって何となくセッション的に合宿のような形態になってきました。

    クラブチーム所属だったり、部活との調整がつく中学生が自然と集まってくる感じですが、普段は一緒トレーニングをしていない比較的レベルの高い子達が刺激しあって良いトレーニングが出来きればと思います。

    普段レースでしか顔を会わせないメンバーと一緒にトレーニングすることで、自分や練習相手の長所や足りないところが分かりますし、そこら辺を確認できるところも良いですね。

    自分としても様々なタイプの子を見ることで、色々参考になります。

    ちなみに特にGWは高校生・大学生・実業団は(特に高校生のインターハイ路線の子はそれどころではないので)ほとんど来ないですが、逆に中学生は全中や東海を狙うための主要な大会もまだまだ先なので(自分のトレーニングも含め)ノンビリ集中してトレーニングが出来る点ではなかなか良い時期かと思います。

    ちなみに環境的には、その気になればいくらでもトレーニングが出来るだけに、目先の結果を求めて早朝・午前・午後・(エアロバイクなら)深夜とガンガン走らせることも出来ますが(笑) 、特に3年生は勉強もありますし、トレーニングに適度に球技とかエアロバイクとか織り混ぜつつ、(ちゃんとやるかやらないかは本人次第ですが(笑))勉強時間も設けてます。

    一人の保護者的には当たり前だと思いますし、自分としては(自分の指導実績を上げるために?)スポーツの結果だけを求める指導者は信用できないので(苦笑)、一時的に預かるにしても、自分はそういう指導はしないですね。

    立場的には結果を出さないと(指導者を生業としているわけではないので)困る訳でもなく、いまだに現在の自分のパフォーマンス確保を大事にしている分には(自分の子供達含め)自分の果たせなかった過剰な夢を託したり、自分の生活をかけて無理に走らせて子供達から迷惑がられることもないはず?(笑)なので、そこら辺は(陸上だけでなく)将来を見据えた指導やアドバイスが出来る立場だとは思いますし、(ちゃんと聞いてくれるかどうかは判りませんが(笑))実際そうありたいと思います。

    まぁ子供達よりも自分のパフォーマンスが最重要ですけどね(笑)。
    • 2017.05.27 Saturday
    • 20:28
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • -
    • - -
    スポンサーサイト
    0
      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://tetsuyarun.jugem.jp/trackback/4023
      CALENDAR
      SMTWTFS
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      PR
      ENTRY(latest 5)
      ARCHIVES
      COMMENT
      PROFILE
      MOBILE
      qrcode
      LINK
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      無料ブログ作成サービス JUGEM

      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.